メガネとおしゃれをもっと楽しみたいメガネ女子のためのライフスタイルマガジン『オルグラ』

メガネとコンタクトそれぞれのメリット&デメリット

|  0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedy

目が悪い人にとって、「メガネ」か「コンタクト」もしくはどちらも持っている人など、好みが分かれますよね。それぞれにメリットやデメリットがあるので好みで変わってしまうのですが、これから「メガネ」や「コンタクト」を購入しようと持っている人や、今は「コンタクト」を使っているけど「メガネ」も気になる…。そんな人の為に、メリット&デメリットを調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

■見やすさから見たメリット&デメリットとは?

メガネを一度でもかけたことがある人はわかると思いますが、メガネはレンズ全体に一定の度が入っている訳ではありません。レンズにもよりますが、実は最適な度が入っている部分以外のところでは見づらい&ぼやけるといったデメリットがあるのです。その為、目や肩こりなどの症状が出やすく見やすい場所に頭を動かす必要が出てきます。その点、コンタクトレンズは度が入ったレンズを直接黒目につけるので、場所によって見づらいといったことがありません。最初メガネを使っていた人からするとそこに感動するのではないでしょうか。

■コスパから見たメリット&デメリットとは?

長く使うものだからこそ、コスパも重要です。メガネは数千円も出せばある程度デザイン性もあって納得できるメガネを購入することが出来ます。購入後もメガネ拭きは必要ですがそれ以上の余計なコストがかからないので手軽でコスパが良く安いのがメリットだと言えるでしょう。それに対しコンタクトレンズは定期的に購入する必要があること、洗浄液なども購入することを考えると買った後も手入れが面倒くさいという人もいます。

■つけたときの印象から見るメリット&デメリットとは?

結局は利便性も大切ですが、毎日使うものだからこそ見た目にもこだわりたいものです。コンタクトレンズは色付きのものを選ばない限り、つけているのかどうか言われないとわかりません。それがメリットでもあり、デメリットにもなるのですが。メガネの場合、つける種類一つでガラッと印象を変えることが出来ます。ファッションアイテムとして楽しむことが出来るのも魅力です。

メガネやコンタクト、それぞれどちらにもメリット&デメリットがあります。よく体を動かすスポーツマンならコンタクトでもいいかもしれません。スポーツ用のメガネなども販売していますのでどちらがいいかよく検討して選ぶようにしてくださいね。