メガネとおしゃれをもっと楽しみたいメガネ女子のためのライフスタイルマガジン『オルグラ』

メガネでまゆげの印象は変えるべき?

|  0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedy

メガネをかけた時はメイクにこだわらなくても…と思っている人が多いのではないでしょうか。確かにメガネをかけるとメイクをしたかのような小顔効果や、目が小さめでコンプレックスを感じていても印象を変えることが出来ます。ただし、メガネをかけるのであれば「まゆげ」だけは書いておくのがベストです。「まゆげ」の印象で、同じメガネをかけていてもまったく印象が異なりますし似合う・似合わないが出てしまいます。メガネをかける時におすすめの「まゆげ」のメイク方法をご紹介します。

メガネをかける時におすすめのまゆげメイクとは?

まゆげとメガネのバランスとして、まゆげのカーブの部分とメガネのフレームの上のラインと合わさるとバランスいいまゆげの印象を作り出すことが出来ます。これがメガネのレンズの中に入っているとレンズが大きすぎますし、レンズの外なら小さすぎると言えます。

特に今はレンズが大きいメガネが流行っていますが、フレームのラインとまゆげがある程度一致していれば綺麗に見せることが出来ます。

まゆげの書き方のポイントとしてまゆげがカーブし上がっているものよりも、直線の並行のまゆげになっていると、正統派な印象を作り出すことが出来るのでおすすめです。どんなメガネにも合わすことが出来ますし、まゆげの書き方としてはとてもバランスがいいと言えるでしょう。逆に少し吊り上がったようなメガネをかける時は、フレームに合わせてまゆげを少し上げて書くようにしてくださいね。それだけで凛とした知的な印象を作り出すことが出来ます。

メガネをかける時はまゆげの濃さにも注目しよう!

メガネの種類によってはまゆげの濃さも大切です。フレーム有のメガネをかける場合、まゆげは薄目が基本です。フレームなしの場合は薄く書いてしまうとぼやけてしまうので、濃い目のまゆげを書くとバランスが良くなります。フレームの有無でもまゆげは調整することが大切なのです。

メガネとまゆげの組み合わせまで意識して選ばない人が多く、何だかバランスが良くないな…と感じる惜しい人はたくさんいます。オシャレアイテムとして普及したメガネだからこそ、合わせ方ひとつで印象を大きく変えてしまいます。メガネをかける時はその種類に合わせてメイクの方法も楽しんでみましょう。特にまゆげが作り出す印象はとても大きいので、それだけでバランスのとれた美人顔を作り出すことも出来ますよ!今日からぜひまゆげとメガネの関係について見なおしてみてくださいね。